INTJがストレスを感じる環境・向いている環境

INTJは普通に生きていくのは結構たいへんですよね。
この特殊な性格INTJについての、ストレスを感じる環境や向いている環境を書いていきます。

INTJのストレスを感じる環境

コミュニケーション力がものを言う職業

INTJがまずストレスを感じる環境は、コミュ力がモノを言うような職場・職業です。
例えば営業などの職業の場合、お客様の会社に訪問して担当者と世間話→その後商談に流れるのが鉄板ですが、そもそもINTJは世間話をする気がないのでいきなり本題に入ります。その結果商談するのに商品力のみでしか勝負してないので売れません。

僕自身営業をやってましたが「商品力」+「お客さんと仲良くなってる状態」が揃って初めて売れていくような気がしました。

練習すれば表面上は世間話が出来るようになりましたがめちゃくちゃ嫌々仕事やってました。
INTJはこういう職業とは相性が悪く非常にストレスを感じることでしょう。

非合理的なことに従わされる

自分の考えてることが反映されない・反映しにくい体育会系の縦社会な環境にストレスを感じます

意味のない非効率的なことに従わされることに大きなストレスを感じます。その結果徒労に終わるような結果が見えているのに遠回りなことをすることに耐えることができません。
INTJは自分自身を成長させれるような環境に身を置きたいと思ってます。

会社には往々にして無駄なことだらけですので会社とは相性が合わない

暗黙の了解

暗黙の了解がある環境。こんな抽象的すぎることはまじでINTJには理解できません、そういうルールがあるなら一番目立つ壁の部分にでかい文字で貼っとけやとか思ってます。

会社

会社という環境は通常INTJに対してストレスになるようなことが大量にちりばめられています。←特に古い考えの会社
そういう意味で会社との相性は最悪でしょう。会社に属しながらストレスを感じないためには、・裁量権の大きい業務・少人数規模の会社・誰にも従わないでいいくらい出世することくらいでしょう。

精神論・根性論

精神論根性論を引合に出されることが何より嫌いです。

INTJは精神論・根性論を引合に出してくる人は、古い考え方の人で何の化学根拠もないことだと知っているからです。
つまり昔流行ったことを(昔はそのやり方で上手くいったかもしれません)今でもおしつけてこようとする、代表的な時代遅れ人間and昔自分が言われたことをそのまま言ってるだけの人です。

マネジメントのマすら知らない人間の下で働く環境。

他者と交流する場

そもそも他者と交流する環境自体にストレスを感じます。
INTJは一人でも平気です。

他人との交流はうわべ上できますが心理的にはかなりストレスです。さらにあくまでうわべ上言葉を選んで喋ってますので相手は距離があると感じますし、INTJも距離があると感じられていることを感じてますので余計にその状態がストレスです

INTJがストレスを感じると、、、

このようにINTJの劣勢機能Se(外向的感覚)によって主にストレスが引き起こされてます。
INTJはストレスを感じると、普段の特殊能力が逆に働くようになります。そもそもストレスとの相性が悪いです。

・大局的に物事をとらえられないようになり、細かな事柄に執着するようになる。
・冷静に思考ができず、小さな問題を過大視しすぎるようになる。
・普段はやらないような非合理的な破壊行動をするようになる。
・視野が超絶狭くなる。
・過度なまでに禁欲的になり、飲酒
・暴飲暴食
・ゲームなどに異常にのめり込むようになる。

実際僕はストレスを感じると、小さな問題を過大視しすぎます。
後々考えてみるとどうでもよいことに執着するようになるのもあってます。あと自分だけかもですが完璧にしすぎようとしすぎてだんだん病んでいきます。

INTJの為のストレスへの対処法

INTJのストレス解消法

・静かな場所で十分に一人の時間を確保すること
・一人旅
・自分を認めてくれる環境に身を置くこと
・とにかく寝る
・一人でジョギング・筋トレ
・問題を一つずつ解決
・映画
・漫画
・小説を読む

↑ ほとんど一人になることですね(笑)

INTJが向いている環境

自分一人全て決めれる環境

結局INTJの人は、会社に縛られず他人に左右されずに一人で何もかも決定できる環境が一番いいようです。

人とかかわると非常に疲れますよね。

なんというかこうエネルギーがすべて人に奪われるような、気力がなくなっていくような、、、

少数の気の合う仲間

浅く深い関係の友達がいるだけでずいぶん人生が明るくなります。

INTJにとって友達と呼べる人は親友なのかなと

まとめ

INTJは極端な性格です。表面上コミュ力が高くみんなに好かれる人気者とは真逆を行く人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です